消費者金融からの借り入れ申し込みで必要なもの

消費者金融からの借り入れ申し込みで必要なもの

消費者金融での借り入れ、何が必要となるのか分かりそうで分からない・・・。
はじめてのときは誰だってそうですよね。
消費者金融によって、追加で他の証明書の提出をお願いされることもありますが、だいたいは同じようなものが必要となります。

 

身分証明書

運転免許証があればいいのですが、運転免許証を持っていないという人もいるかと思います。
そのような人は、保険証、パスパート、住基カード(お住いの市町村発行のカード)が必要となります。
もちろん、有効期限が切れているものはダメです。

 

収入証明書

総量規制内の借り入れを確認するために必要。所得証明書や源泉徴収票、住民税決定通知書、給与明細書(勤務して1年以内であればこちらがいいでしょう)、確定申告書のいずれかが必要になります。給与明細書については2か月分か3か月分の提出を求められます。ボーナスの支給があればそちらも持参して下さい。
契約前に収入証明書の提出をお願いされることがあります。(50万円以上の借り入れの場合、他社との借り入れ合計が100万円以上になる場合)
その他の理由でも、消費者金融側が提出をお願いすることもあります。

 

収入証明書の提出で注意したいこと。
携帯やスマホで撮影をして送るというような場合、鮮明に写っていないと再度提出をお願いすることになります。ということは、借り入れにも時間が掛かってしまいます。
カメラで撮影して送る場合は、見る側が判断できるかどうかに気を付けて撮影するようにしましょう。